【濱口善幸】行動力を簡単に身につける方法

いゃー、寒くなりましたね…
皆様、コタツでみかんの時期ですよ~(笑)

タロット占い師の濱口善幸です!
今回も宜しくお願いします(^^)

あ!若者は『コタツにみかん』ではなく、『イルミネーションにタピオカ!』ですかね!

まぁ人それぞれだと思いますが、
冬は冬の良さがあり、冬にしか出来ないこともたくさんありますので、
しっかり満喫しましょうね(^^)

さてさて、そう言ってる間に2020年がそこまで来てますよ!
新しい年を迎えるための準備は出来ていますか??
お掃除進んでますか?? 私はまだまだです…

2020年はオリンピックが開催される特別な一年になりますので、
この機会にケータイも一新してみてはいかがですか??
特に、ガラケーをお持ちの方には色々な割引がついて、月々お安くスマートフォンが持てるみたいですよ!

ぜひドコモショップへ足を運んで下さいm(_ _)m

さて、今回のコラムは「行動力を簡単に身につける方法」をお話しさせて頂きます!

皆さん、こんなに寒くなると日々動けなくなってきませんか?
正直にお話しすると「僕は動けない人です!」
ジムも契約しているのですが、徐々に足が遠のいています…(笑)
けど、辞めてしまうとせっかく自分から出てきた「やる気」を否定してしまいそうで、なかなかジムも解約することも出来なかったりしています。

まさに「無駄」ですよね(^-^;

では、この無駄を無駄にしない方法が『5秒ルール』です!

初めて聞いた人も居ると思いますし、
お菓子を落として5秒たってないからセーフ!!を思い出した人も居ると思います…

僕はお菓子の方も思い出しました(笑)

簡単に説明すると、5秒数えて即行動するというやり方です。

例えば、僕がご飯を今日は食べ過ぎたなーと食後1時間後に思って、
その後に「あ、ジム行ってないな」と思ったと同時に重い腰を感じた時に

『1、2、3、4、5』と数えた後にジムへ行く準備を始めることで、

頭で考えて、ジムに行かない理由を探すことを自分に辞めさせるのです。

そうすることで本当に不思議なのですが、
あんなに行きづらかったジムへも行けるようになってきます!

では、ここから難しい話をしますので、
理解を深めたい人は是非読んで頂けたら幸いです☆

『5秒ルール』
実は全米100万部売れている本で、著者が「メル・ロビンズ」という方です。

これ読んで行動出来るようになった!など効果的だった実績を元に、
僕は心理学的に『5秒ルール』について掘り下げていきました。

「応用行動分析学」の理論的背景になっている「行動主義心理学」にその答えがあります。

応用行動分析学のバラス・フレデリック・スキナー(1904-1990)が有名なのですが、その前に行動主義心理学のジョン・ワトソン(1878-1958)が基本になっている様に僕は思います。

ワトソンはパブロフの犬に影響を受けました。

パブロフの犬とは条件反射で犬に餌を与える時に涎が垂れるのは当たり前ですが、餌を持ってくる人の足音を聞くだけで涎が垂れるのに気付いたイワン・パブロフが発見した心理効果です。

後に足音をベル変更したりなど、餌を与えるきっかけを変える実験をしていきました。

この条件反射のきっかけから『5秒ルール』は解説できます。

ベルが鳴ると餌が貰えることを繰り返すと、
行動は「心→行動」ではなく、「行動→心」の順番になります。

そうなることで、
心に惑わされず、疑うことも、ネガティブになることも、何も考えないで行動出来る様になるのです。

なので、5秒ルール=ベルになって、人は行動出来る様になるというように僕は考えております。
皆さん少しでもこの心理的作用を理解して頂けたらと思います!

最後まで読んで下さいましてありがとうございました☆

p.s.
Twitter(ツイッター)では、
誕生月別の運勢など毎週つぶやいてます(@yocchan_uranai)
濱口善幸@タロット占い師

【プロフィール】
濱口 善幸(はまぐち よしゆき)
■松竹芸能所属
現役タロット占い師で、よゐこの濱口優の実弟

2004年より占い師としての活動を開始。関西を中心に1万人以上を鑑定。

「苦手な人と上手に付き合うコツ」「毎日をポジティブに過ごすコツ」「女子力アップセミナー」など、より楽しく、より充実した毎日を送る為のセミナーや講演会を開催し、活動の幅を更に広げている。

■主な出演番組■
「ナカイの窓」
「めちゃ2イケてるッ!SP」
「めざましテレビ」
「笑っていいとも!!」
「踊る!さんま御殿!!」
「スッキリ」
「ヒルザイル」(エンディング占いコーナー「ラッキーおみくじ」監修)
「よゐこ部」
「ぷっすま」 etc